NEWS

2015.11.06

XFLAG™ スタジオから新ゲーム「マーベル ツムツム」を発表

「モンスト」のミクシィから「ツムツム」シリーズ最新作

XFLAG™ スタジオ、新ゲームタイトル「マーベル ツムツム」を発表


"ケタハズレな冒険を。"を旗印にバトルコンテンツを創出するXFLAG™スタジオ(エックスフラッグスタジオ)は、スマホアプリ「マーベル ツムツム」を2016年春に提供開始します。

このゲームアプリは、株式会社ミクシィ、ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:ポール・キャンドランド)、およびNHN PlayArt株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:加藤 雅樹)の三社で共同開発したものです。


marvel_tsum_tsum.png

©MARVEL

※)本お知らせでの使用画像は製作中のものです。変更になる可能性があります。


「マーベル ツムツム」は、アイアンマンやキャプテン・アメリカ、ソー、ブラック・ウィドウ、ハルク、アントマン、ガモーラ、アライグマのロケット、そしてスパイダーマンなど、大人気のマーベルヒーローズが、ディズニーストアで人気のぬいぐるみ「TSUM TSUM(ツムツム)」になった姿をモデルにしています。「TSUM TSUM(ツムツム)」は全世界のディズニーストアで大人気の商品です。

大ヒットパズルゲーム「ディズニー ツムツム」のなぞって消して遊ぶゲームシステムに、XFLAG™ スタジオのヒット作、ひっぱりハンティングRPG「モンスターストライク」(通称モンスト)の醍醐味である、「協力プレイ要素」や「バトル要素」をふんだんに盛り込み、「マーベルヒーロー大集合!仲間とタッグでガチツムバトル!!」をテーマに新たなエンターテインメントを提供します。


■ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社について

ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニー(米国本社)は、1959年に現地日本法人を設立し、日本市場に本格参入しました。2000年4月に日本国内の複数の関連子会社を統合、2002年8月にウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社に社名変更し、ディズニーのビジネスを日本で管轄しています。米国本社のメディア・ネットワーク、パーク&リゾート、スタジオ・エンターテイメント、コンシューマ・プロダクツ、インタラクティブ・グループの5つのセグメントで相互に"シナジー"(相乗効果)を高めながら、多角的に事業を展開しています。


■マーベル・エンターテインメントについて

マーベル・エンターテイメントはウォルト・ディズニー・カンパニーの100%子会社で、世界有数のキャラクターをベースにしたエンターテイメント企業です。スパイダーマンやアイアンマンなど8,000以上ものキャラクターを保有し、75年以上にわたり様々なメディアを通じてコンテンツを提供してきました。マーベルは映画やテレビなどのエンターテイメント、ライセンシング、出版事業で大きな成功を収めています。より詳しい情報はMarvel.comをご覧ください。©2015 MARVEL


■NHN PlayArt 株式会社について

NHN PlayArt 株式会社は、2015年10月1日に旧NHN PlayArt株式会社の会社分割により、スマートフォンゲーム事業を承継する新設会社として設立されたエンタテインメント企業です。商号は、旧NHN PlayArtが設立された2013年より、スマートフォンゲームを主力事業として展開してきた経緯から、引き続き「NHN PlayArt株式会社」を使用しています。良質なゲームの開発・提供を通じて多くのお客様に愛されるサービスを実現し、かつ新たな領域に向けた取り組みに挑戦することで、常に楽しさと驚きを共有できるエンタテインメントの創造を推進してまいります。