BLOG

レポート

by xflag_academy_staff

「XFLAG アカデミー」総集編〜2017年上半期まで〜

みなさんこんにちは!XFLAG アカデミースタッフです。

しばらくぶりの更新となりますが、前回から2017年上半期まで、たくさんの学校がXFLAG アカデミーを受講しに来て下さいました!
※「XFLAG アカデミー」の詳細はこちら

■2016年
・11月30日 青森県六ヶ所村立泊中学校 9名

■2017年
・2月 3日 埼玉県深谷市立岡部中学校 2名
・2月10日 東京都葛飾区桜道中学校 7名
・3月15日 北海道教育大学附属函館中学校 6名
・4月12日 秋田県由利本荘市立岩城中学校 4名
・4月27日 山形県酒田市立鳥海八幡中学校 5名
・5月12日 富山県魚津市立東部中学校 9名
・5月19日 愛知県豊川市立南部中学校 12名
・5月24日 秋田県大館市立成章中学校 2名
・6月 1日 岐阜県本巣市糸貫中学校 6名
・6月 8日 愛知県知多市立旭南中学校 5名
・6月13日 愛知県日進市立日進西中学校 36名
・6月20日 愛知県あま市立甚目寺中学校 20名

計123名の生徒さんにお会い出来ました。

XFLAG アカデミーでは、企画、エンジニア、デザイナーの中から話を聞きたい職種を選んで頂き、担当者から詳しいお仕事内容についてお話ししています。

各職種ならではのコンテンツも、実は用意されているんですよ~!

実施した様子をダイジェストでお届けします!

企画

ゲームができあがるまで全般的に関わるのが企画のお仕事。モンストの機能がどのような行程で作られていくのか、コラボの際はどういう点に気をつけているのかなど、ここでしか聞けないゲーム作りの裏側についてご紹介しました!
モンストユーザーならば、気になる内容ばかり・・・生徒の皆さんの熱い眼差しを感じました!

デザイン

学生の皆さんにはあまり馴染みのない「UI」「グラフィックデザイン」「VFX(ビジュアル・エフェクト)」について、生徒さんたちの身近にあるもので例えながらご紹介しました。
また、「キャラクターデザイン」についても、キャラクターのテーマを決めるところから実際にキャラクターができあがるまでの一連の流れについて、過去の制作実績をもとにお話ししました。完成までの長〜い道のりに驚かれる人も・・・。

エンジニア

「プログラミング」や「エンジニア」という言葉は聞いた事があるけど、実際にどういうものか分からない!そんな生徒さんにも理解しやすいよう、エンジニア職のお仕事内容について順を追ってお話ししました。
ゲームの裏側を支えるアプリケーションエンジニア・サーバーエンジニアの役割について、モンストのこんな部分に関係しているんだ!という事をご理解いただけたかと思います。

そして・・・実はパワーアップしたXFLAG アカデミー。企業訪問に来られる生徒のみなさんに少しでも仕事への理解を深めてもらおうと、XFLAG アカデミーオリジナルアプリを制作しました!その名も「アカデミーアプリ」!!
「アカデミーアプリ」は、エンジニア職・企画職のコンテンツの1つです。キャラクターや障害物を配置しながらモンストのクエスト画面を作る事ができ、企画の視点が学べたり、友情コンボ発動後の弾の射出角度や弾数の数値を入力する事で、プログラミングの考え方が学べたりするアプリです。楽しんでアプリを操作してもらいながらお仕事体験をしてもらっています!

「数学をもっと勉強しようと思った。」「ステージを作る事がすごく大変だと分かったし、楽しかった。」「(制作側が)どんな事を思っているのかを考えてステージクリアしたい。」など、生徒さんが考えてもいなかった発見をしてもらえたようです。

※人数、ご希望の職種、実施日によっては使用しない場合があります

生徒のみなさん、ご来訪ありがとうございました!
今後も、XFLAG アカデミーが開催されましたら、ブログにてご紹介させていただきます。

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました!

XFLAG アカデミーの詳細・申し込みについてはこちらをご参照ください。

この記事をシェアする