NEWS

2018.03.05

【千葉ジェッツふなばし×XFLAG スタジオ 冠試合開催レポート】

「B.LEAGUE 第21節 千葉ジェッツvsサンロッカーズ渋谷」において
XFLAGスタジオが試合演出をプロデュースした初となる冠試合を開催!
きゃりーぱみゅぱみゅさんがサプライズゲストとして登場し、
「XFLAG Entertainment Partner」に就任を発表!

"ケタハズレな冒険を。"を旗印にバトルコンテンツを創出するXFLAG™ スタジオは、パートナーシップ契約を締結している千葉ジェッツふなばしが3月3日(土)、4日(日)に船橋アリーナで行ったホームゲーム「B.LEAGUE 第21節 千葉ジェッツ vs サンロッカーズ渋谷」において、XFLAG初の冠試合を開催しました。

  • item01
  • item02

冠試合では、両日とも試合演出をXFLAGがプロデュースしました。オープニング演出では、千葉ジェッツの富樫選手に扮したパフォーマー集団「富樫ーズ」とモンストやファイトリーグの人気キャラクターによるパフォーマンス集団「XFLAGパフォーマーズ」によるダンスパフォーマンスや、バスケットコートにXFLAGが提供するスマホアプリのひっぱりハンティングRPG「モンスターストライク」(通称モンスト)や「ファイトリーグ」のゲーム画面をプロジェクションマッピングで映し出し、それぞれのゲームの世界観とバスケットボールを掛け合わせた演出を行いました。また、ハーフタイムショーでは、世界的ダンクパフォーマー「ダンキング デビルズ」によって結成された特別チーム「XFLAGダンカーズ」がパフォーマンスを行い、会場で配布したXFLAGオリジナルTシャツで真っ赤に染まった会場を盛り上げました。

さらに、初日となる3月3日(土)には、サプライズゲストとして歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさんがハーフタイムショーに登場し、XFLAGが手掛けるエンターテインメントの可能性を拡げるだけなく、これまでに誰も経験したことがない"ケタハズレ"なエンターテインメントを共に追求し生み出していくパートナーとして、「XFLAG Entertainment Partner」(XFLAG エンターテインメントパートナー)に就任したことを発表しました。今回、きゃりーぱみゅぱみゅさんをパートナーとして迎え入れた理由としては、独創的な世界感とオリジナリティ溢れる表現でファンを魅了し続け、全世界から注目を集めているきゃりーぱみゅぱみゅさんとタッグを組むことで、更なるエンターテインメントを追求できると考えたためです。今後1年間、共にさまざまな取り組みを行っていきます。

なお、両日ともにXFLAGの公式YouTubeチャンネルでライブ配信を行っており、3月3日(土)のライブ配信は3月9日(金)まで、3月4日(日)のライブ配信は3月10日(土)までアーカイブ動画をご視聴いただくことができます。

<きゃりーぱみゅぱみゅさん XFLAG Entertainment Partner就任のコメント>

「この度、XFLAG Entertainment Partnerに就任いたしました。これから1年間、みんながアッと驚くようなことをどんどん考えて、実現していこうと思います。今までやったことのないような新しいことにもチャレンジして、自分自身もすごいパフォーマンスが見せられるように、XFLAGと一緒にいろいろ仕掛けていくので、楽しみに待っててください!」

■きゃりーぱみゅぱみゅさんがXFLAG Entertainment Partner就任初仕事を披露

3日(火)のハーフタイムショーでは、会場のビジョンにきゃりーぱみゅぱみゅさんのスペシャル映像が流れ、「XFLAG Entertainment Partner」就任を発表しました。きゃりーぱみゅぱみゅさんは、映像の中で「これから1年間、今までやったことのないような新しいことにもチャレンジして、XFLAGと一緒にいろいろ仕掛けていきたい」と意気込みを語りました。

その後、突如コート上にXFLAGからのお届けものとして巨大なプレゼントBOXが運び込まれ、中からきゃりーぱみゅぱみゅさんがサプライズ登場すると会場から大歓声が沸き起こりました。試合の感想を訊かれたきゃりーぱみゅぱみゅさんは、「千葉ジェッツのブースターのみなさんの熱気がすごくて、めちゃくちゃ興奮しました。楽しんでいます。」とコメント。また、「今回はみなさんにスペシャルなハーフタイムショーをお届けするためにやってまいりました!」と話した後、きゃりーぱみゅぱみゅさんが合図とともにスタートボタンを押すと、世界的ダンクパフォーマー「ダンキング デビルズ」によって結成された特別チーム「XFLAGダンカーズ」が登場。体に身に着けたLEDが暗闇の中で光る中、ド派手なダンクパフォーマンスを披露し会場を盛り上げました。

最後に、事前の「冠試合記念 ブーストツイートキャンペーン」で集まった応援ツイートの一部がバスケットコートに映し出されたほか、「XFLAGパフォーマーズ」からのプレゼントタイムとして、観客席へ千葉ジェッツのユニフォームを着たモンストのマスコットキャラクター「オラゴン」のぬいぐるみの投げ込みが行われました。

  • 1.jpg
  • 2.jpg
  • 3.jpg
▲写真1:巨大なプレゼントBOXの登場/▲写真2:ハーフタイムショーにサプライズ登場/▲写真3:スタートボタンを押すきゃりーぱみゅぱみゅさん
  • 7.jpg
  • 8.jpg
  • 9.jpg

▲写真1:XFLAGダンカーズ登場!/▲写真2:XFLAGダンカーズによるダンクパフォーマンス/▲写真3:千葉ジェッツを後押しする応援ツイートが映し出された

■XFLAGが提供するコンテンツとバスケットボールを掛け合わせたパフォーマンスを披露

オープニング演出では、モンストのマスコットキャラクター「オラゴン」とファイトリーグのマスコットキャラクター「ニャニャコロビ」がビジョンに登場しました。用意された4つのボタン『選手入場』『選手複製』『XFLAG』『ハーフタイムショー準備中』から、間違えて『ハーフタイムショー準備中』のボタンを押してしまったニャニャコロビ。入場口からは、まだベンチコートを身に着けたままの「XFLAGダンカーズ」が慌てて登場するというハプニングがありながらも、5人連続ダンクなど、ド派手なパフォーマンスを披露し、会場を盛り上げました。続いて、小さな子どもや長髪の"富樫選手"など13人の"富樫選手"に扮したパフォーマー集団「富樫ーズ」とモンストとファイトリーグの人気キャラクターによるパフォーマンス集団「XFLAGパフォーマーズ」が登場し、ダンスパフォーマンスを披露しました。オープニング演出のラストでは、バスケットコートにモンストのゲーム画面がプロジェクションマッピングで映し出され、千葉ジェッツの選手達による"友情コンボ"発動といったモンストの世界観で会場を盛り上げ、続いて映し出されたファイトリーグのゲーム画面では、人気キャラクター「ヤジ」と「ルーシー」に扮した「XFLAGパフォーマーズ」がプロジェクションマッピングに合わせたパフォーマンスを披露しました。

その後、ティップオフセレモニーでは、「富樫ーズ」と「XFLAGパフォーマーズ」が登場し、試合前の千葉ジェッツの選手たちに「XFLAG VICTORY DANCE」を披露し、エールを贈りました。

  • 10.jpg
  • 11.jpg
  • 12.jpg

▲写真1:オラゴンとニャニャコロビ/▲写真2:XFLAGダンカーズ/▲写真3:富樫ーズ

  • 13.jpg
  • 14.jpg
  • 15.jpg

▲写真1:XFLAGパフォーマーズと富樫ーズ/▲写真2:モンストのプロジェクションマッピング/▲写真3:ファイトリーグのプロジェクションマッピング

■XFLAGの公式YouTubeチャンネルでライブ配信

XFLAGスタジオ初となる冠試合の様子は、両日とも特設サイトやXFLAGの公式YouTubeチャンネルでライブ配信を行いました。ライブ配信では、千葉ジェッツはもちろんバスケの試合を初めて観るという方にもわかりやすく試合を楽しんでもらえるようにと、バスケの基本ルールの紹介やXFLAG中の人による注目の選手、試合の見どころの実況を行いました。なお、配信した動画は3月3日(土)のライブ配信は3月9日(金)まで、3月4日(日)のライブ配信は3月10日(土)までご視聴いただくことができます。

【XFLAG公式YouTubeチャンネル】
3月3日(土)配信 のアーカイブ動画: https://www.youtube.com/watch?v=-Aiz2MyJVJs
3月4日(日)配信 のアーカイブ動画: https://www.youtube.com/watch?v=ccdaaOl3NgU
【モンスト公式YouTubeチャンネル】
3月3日(土)配信のアーカイブ動画 : https://www.youtube.com/watch?v=JxWME1ylTpk
3月4日(日)配信のアーカイブ動画 : https://www.youtube.com/watch?v=ktMgpHDDh38
【ファイトリーグ公式YouTubeチャンネル】
3月3日(土)配信 のアーカイブ動画: https://www.youtube.com/watch?v=wP2Eu3YoZvo
3月4日(日)配信 のアーカイブ動画: https://www.youtube.com/watch?v=jCWfSbnkxM8

XFLAG スタジオは、観客動員数1位を誇る千葉ジェッツふなばしの魅力を今以上に発信していくべく、これまでエンターテインメント領域で培ったノウハウを生かし、千葉ジェッツふなばしと共に新たなスポーツエンターテインメントの可能性に挑戦していきます。