NEWS

2018.06.27

XFLAG スタジオがアニメスタジオ・TRIGGERとアニメ「プロメア」を製作

"ケタハズレな冒険を。"を旗印にバトルコンテンツを創出するXFLAG™ スタジオと、数々の人気作品を世に送り出してきたアニメーションスタジオ、株式会社トリガー(東京都、代表取締役:大塚雅彦)は共同で、新規アニメーション作品「プロメア」を製作します。

20180627_KV.png

■作品概要
タイトル: プロメア
スタッフ:
監督 今石洋之
脚本 中島かずき
制作 TRIGGER
製作 XFLAG™ スタジオ

※本作に関する詳しい情報は、今秋の発表を予定しています。

<当社 本プロジェクト責任者コメント>
株式会社ミクシィ 取締役執行役員 デジタルエンターテインメント領域担当  多留幸祐

意欲的でクオリティの高いアニメーション作品を作り続け、国内外でも数多くのファンを持つスタジオTRIGGER様とともに新たな作品を製作できることをたいへん嬉しく思っています。TRIGGER様のチャレンジングな姿勢と、当社XFLAG スタジオが大切にする"ユーザーサプライズファースト"(何よりもまずお客さまを驚かせたい)の考え方の融合により、今までにないケタハズレなエンターテインメントをお届けできることを確信しています。
当社では、これまでモンスターストライクやファイトリーグといったみんなで楽しめるゲームを通じて、マーチャンダイジング、リアルイベント、そしてアニメーション作品といった様々なコンテンツを提供してまいりました。今回この「プロメア」という新たなアニメーション作品の創出を通じ、これまでにない世界観、そして上質なバトルエンターテインメントをお客さまにお届けできる日を楽しみにしています。ご期待ください。

⬛TRIGGER Inc.(株式会社トリガー)
作品が弾丸だとしたら、それを打ち出す引き金でありたい。
「天元突破グレンラガン」で監督を務めた今石洋之を中心としたスタッフが独立し、新たに立ち上げたアニメーションスタジオ。
2013年に初のTVシリーズ作品となる「キルラキル」を世に送り出し、その後も「リトルウィッチアカデミア」や他社との共同制作となる「ダーリン・イン・ザ・フランキス」など、キャラクターや世界観までをゼロから創造するオリジナル作品を大きな武器として世界に挑むスタジオである。

■今石洋之(いまいし・ひろゆき)
TRIGGER所属のアニメーション監督。ガイナックス時代に「新世紀エヴァンゲリオン」や「フリクリ」など多数の作品に関わったのち、「天元突破グレンラガン」で初のTVシリーズアニメの監督を務める。その後、TRIGGERを設立し「キルラキル」をはじめ、斬新な手法・発想を用いた意欲的な作品を発表し、2007年文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞、第7回東京アニメアワードテレビ部門優秀賞・個人賞(キャラクターデザイン)などの受賞歴を持つ。アニメーターとしても高い実力と人気を誇り、海外からも注目を集めるクリエイター。

■中島かずき(なかしま・かずき)
劇団☆新感線の座付作家として活躍する脚本家。アニメーション作品では「Re:キューティーハニー」に参加したことがきっかけで今石洋之監督と出会い、同監督と組んだ「天元突破グレンラガン」「キルラキル」で一躍アニメファンの間でも名前を知られる存在となる。主な代表作に、「髑髏城の七人」「仮面ライダーフォーゼ」「映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」「ニンジャバットマン」などがある。

XFLAG スタジオでは、今後も引き続き、友だちや家族とワイワイ楽しめる"アドレナリン全開"のバトルエンターテインメントを提供してまいります。