NEWS

  • スポーツ
2019.04.15

千葉ジェッツふなばしとの戦略的資本業務提携のお知らせ

"ケタハズレな冒険を。"を旗印にバトルコンテンツを創出するXFLAG™ スタジオは、B.LEAGE所属のプロバスケットボールチーム「千葉ジェッツ」を運営する株式会社千葉ジェッツふなばし(千葉県船橋市、代表取締役社長:島田慎二)と、戦略的資本業務提携を本年4月14日(日)に締結したことをお知らせします。
20190415_01_01.png20190415_01_02.png

2017年7月に株式会社千葉ジェッツふなばしとパートナーシップ契約を締結して以降、XFLAGは千葉ジェッツのオフィシャルパートナーとして、同チームのサポートを続けてまいりました。今回、千葉ジェッツをこれまで以上に強力に支援するために、戦略的業務資本提携を締結しました。

XFLAGは引き続き、エンターテインメント領域で培ったマーケティングノウハウを活かし、友だちや家族など親しい人と一緒にワイワイ応援できる空間の提供を目指します。さらに、千葉ジェッツのブースターの皆さまにも楽しんでいただける新しいスポーツ&エンターテインメント体験をお届けします。

また、XFLAGでは、引き続きスポーツ業界を盛り上げるべく、スポーツ事業の強化に取り組む方針です。


<株式会社千葉ジェッツふなばし 代表取締役社長 島田慎二のコメント>

千葉ジェッツは2010年に千葉県初のプロバスケットボールチームとして創設後、bjリーグ、NBLを経て2016年よりB.LEAGUEに所属し、千葉県及び全国のバスケットボールファンに感動と熱狂を提供してまいりました。B.LEAGUE参入以降は、試合観客動員数1位、B1東地区2連覇、天皇杯 全日本バスケットボール選手権大会3連覇と歴史に残る多くの実績を残すことができました。

しかし、こういった好調な状況においても、理念の実現及び千葉ジェッツのさらなる成長を実現するためには、乗り越えていくべき課題を抱えております。それは、観戦環境の整備です。現在は船橋市及び千葉市の多大なご支援のもと、船橋アリーナ及び千葉ポートアリーナをホームアリーナとしてブースターの皆さまをお迎えしておりますが、観客動員数が伸びてきたことで満員御礼の開催が増えてきております。クラブとしてはとても喜ばしいことではありますが、満員御礼状態とは「千葉ジェッツの試合を見たいのにチケットが手に入らない」ブースターが一定数存在する状態で、最高の観戦体験を提供できていない現状となっております。

そこで我々は、長年掲げてきた「千葉ジェッツ 夢のアリーナプロジェクト」を本格始動することを決意いたしました。しかし、アリーナ建設には莫大な投資が必要となり、ジェッツ単独で実現することは不可能であり、外部の支援者を探していたところ、XFLAGが名乗りを挙げてくださり、戦略的業務資本提携を締結することといたしました。

本アリーナが実現すれば、より多くのブースターの皆さまに千葉ジェッツの試合を体験頂くことができるようになります。今まで以上に多くの方にお越しいただき、多くの声援を頂ける環境ができれば、船橋から世界・アジアへ挑戦できるチームに成長していけると信じております。ジェッツに関わる人たちにとって、夢のアリーナを一緒に創っていきたいと思っております。

20190415_01_03.jpg

(アリーナ内観イメージ)

■株式会社千葉ジェッツふなばし 会社概要
設立 : 2010年9月
所在地 : 千葉県船橋市西船4-24-11 西船KMCビル2階
事業内容 : プロバスケットボールチーム運営、グッズ小売業
代表取締役 : 島田 慎二
資本金 : 55百万円


XFLAGでは、今後も引き続き、友だちや家族とワイワイ楽しめる"アドレナリン全開"のバトルエンターテインメントを提供してまいります。

この記事をシェアする