NEWS

  • アニメ・映画
2019.11.01

モンストアニメ最終章 「エンド・オブ・ザ・ワールド」が11/30(土)よりスタート! 主題歌は、3人組バンドのレルエが本作のために書き下ろした新曲に決定!

株式会社ミクシィ(東京都渋谷区、代表取締役社長執行役員:木村 弘毅)のXFLAG™(エックスフラッグ)は、11月30日(土)より YouTube にて配信を開始するアニメ「モンスターストライク」(以下、モンストアニメ)のシリーズ最終章「エンド・オブ・ザ・ワールド」の主題歌が、3人組バンドのレルエによる本作のための書き下ろし新曲、「キミソラ」に決定したことをお知らせします。

20191101_03_1.png

主題歌は、レルエが歌う「キミソラ」

「エンド・オブ・ザ・ワールド」の主題歌は、3人組バンドのレルエが担当。レルエは、透きとおるようなハイトーンボイスとエレクトロサウンド、ギター、バイオリンによる個性的なメロディーが特徴です。今回、本作のために書き下ろした新曲「キミソラ」で作品を盛り上げます。

20191101_03_2.jpg

▼アーティストからのコメント

この楽曲は、モンストアニメの壮大な世界観と、困難の中でも仲間を信じ、前に進んでいく姿を思い描きながら作りました。
その"仲間とともに前に進みたい"という想いを歌詞に込めています。また、サウンドには広がりをもたせ、新しい未来を感じられるような仕上がりにしました。
ぜひ、アニメと共に味わいながら聞いてください。

レルエ

▼レルエ プロフィール

レルエ
櫻井 健太郎 / Vo. & Gt.
エンドウリョウ / Ba.
saya / Violin & Syn. & Cho.

2013年8月、櫻井健太郎(Vo&Gt)、エンドウリョウ(Ba)、saya(Violin&Syn)の3人で「レルエ」結成。
透きとおるようなハイトーンボイスとエレクトロサウンド、ギター、バイオリンによる個性的なメロディーが特徴の3人組バンド。
「METROCK 2019」、「JOIN ALIVE 2019」、2年連続となる「PIA MUSIC COMPLEX」等の大型フェスへ相次いで出演。
2019年9月18日(水)に初のフルアルバム『Alice』をリリース。収録曲「時鳴りの街」がTBS系「CDTV」9月度エンディングテーマへ抜擢。
11月30日(土)配信開始となるモンストアニメ最終章「エンド・オブ・ザ・ワールド」主題歌へ初の書き下ろしとなる新曲「キミソラ」が決定した。
2020年春より、ビクターエンタテインメントからのリリースが決定。

「エンド・オブ・ザ・ワールド」概要

モンストアニメ最終章となる「エンド・オブ・ザ・ワールド」を、11月30日(土)より YouTube にて配信します。これまでのシリーズで活躍していた、ルシファー(CV:日笠陽子さん)、アーサー(CV:水樹奈々さん)、ソロモン(CV:内田真礼さん)、ノア(斉藤壮馬さん)、パンドラ(CV:小倉唯さん)の5人のヒーローが集結し、最後の天聖イェソドに立ち向かうストーリーです。

・タイトル:「エンド・オブ・ザ・ワールド」
・配信日:2019年11月30日(土)~
・配信方法: YouTube にて配信
・アニメ「モンスターストライク」公式 YouTube チャンネル:https://www.youtube.com/c/AnimeMonsterstrike

XFLAGでは、今後も引き続き、友だちや家族とワイワイ楽しめる"アドレナリン全開"のバトルエンターテインメントを提供してまいります。

この記事をシェアする