NEWS

  • その他
2020.08.04

XFLAG が外部パートナーとコラボレーションするプロジェクト「XFLAG LAB」を始動 スポーツとストリートを融合したコラボをプロデュース FC東京 × atmos × umbroのコラボスニーカーとTシャツを8月8日(土)に発売

株式会社ミクシィ(東京都渋谷区、代表取締役社長:木村 弘毅)が展開するエンターテインメント事業ブランド「XFLAG (エックスフラッグ)」は、当社が展開するゲーム・スポーツ・アニメーションをはじめ、外部パートナーとのコラボレーションによって、それぞれの新しい魅力・価値の創造を目指すプロジェクト「XFLAG LAB(エックスフラッグラボ)」を始動します。今回、XFLAG LABのプロデュースによりFC東京、atmos、umbroのコラボレーション「"東京" Pack」を実現。本年8月8日(土)から、コラボスニーカーとTシャツをXFLAG STORE SHIBUYA、atmos各店(一部店舗除く)、atmos-tokyo.comにて数量限定販売します。

20200804_01_01.png


「XFLAG LAB」は、「XFLAG」が展開するゲーム・スポーツ・アニメーションをはじめ、外部パートナーによるクリエーションを掛け合わせるプロジェクトです。コラボレーションによる新たな魅力・価値の創造から、双方に新しいファン層の獲得や新たなビジネスチャンスの共創にチャレンジしていきます。

■ XFLAG LABプロデュースにより生まれたコラボ「"東京"Pack」 ( FC東京 × atmos × umbro )

20200804_01_03.jpg20200804_01_02.jpg

XFLAG がスポンサードするJリーグクラブの「FC 東京」と、同チームのユニフォームデザインを手掛けるフットボールブランド「umbro」、さらに東京のスニーカーカルチャーを世界へ発信し続ける「atmos」によるスポーツとストリートを融合させたコラボレーションです。

<スニーカー詳細>

20200804_01_04.jpg20200804_01_05_01.jpg

MODEL:BUMPY X
PRICE:¥15,000+TAX
COLOR:WHITE/BLACK
SIZE:22.5cm~29.0(25.5/28.5cm無し)
 今年、umbroと契約しているFC東京のユニフォームが一新され、そのデザインからインスパイアされたパターンをumbroの最新モデルである「BUMPY X(バンピーエックス)」に落とし込んでいます。オフコートで履けるお洒落なスニーカーとしてデザインされており、ユニフォーム由来のストライプ柄はもちろん、サイドにはそれぞれが拠点とする"渋谷"の緯度経度を立体的なプリントで表現、ヒールには"東京"の2文字が刺繍されています。

<Tシャツ詳細>

20200804_01_06.jpg

MODEL:"東京" Tee
PRICE:¥4,500+TAX
COLOR:BLACK/WHITE* 
SIZE:M/L/XL
(※)BLACKはXFLAG STORE SHIBUYAのみ、WHITEはatmosのみの各色限定販売

スニーカーのアッパーに落とし込んだ象徴的なストライプをボックスデザインに、さらに"東京"の文字をモザイク調にすることで、大胆かつカジュアルに仕上げた、2色展開のTシャツ。


XFLAG LAB特設サイト:https://xflag.com/xflaglab/atmos-umbro-fctokyo/


■atmos / SHOP URL : https://www.atmos-tokyo.com/
SHOP名である"atmos (アトモス)"は、atmosphere(大気)から由来し、大気のようにそこにあって当然のようなSHOPでありたい。"atmos"は、2000年、東京・原宿にヘッドショップをオープン。ファッションとしてのスニーカーをテーマに、店内はスニーカーウォールを設置。ナショナルブランドとのコラボレーションやエクスクルーシブモデルをはじめ、最新プロダクトのテストローンチやマーケティングなど東京のスニーカーカルチャーを世界に向けて発信しています。

■umbro / SHOP URL : https://store.descente.co.jp/umbro/
umbro(アンブロ)は1924年にイングランドで誕生し、高品質・高機能な商品で世界中の強豪チーム・選手をサポートするフットボールブランドです。フットボールを愛するすべての人へ。

■ FC東京 / URL : https://www.fctokyo.co.jp
FC東京は、東京都をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグに加盟するプロサッカークラブです。
1935年に前身の東京ガスサッカー部を発足、1999年のJリーグ入会を機に、現在のFC東京へ改称。地域に根付いた"強く、愛されるチームをめざして"日々邁進しています。

この記事をシェアする