REPORT

by xflag_sound_creators

【事後レポート】XFLAG SOUND CREATORS in 未確認フェスティバル2018

初めまして、XFLAG「サウンドプランナー」の中井です。
XFLAGの「アート・デザイン領域」を担う部署に在籍し、サウンドに関する企画・制作を行っています。

日頃から、
・XFLAGにはどのような「サウンドクリエイター」が在籍しているのか
・普段、どのように楽曲制作を行っているのか
こういった事を世の中へ発信したいと考えています。

そこで、8月26日に実施された「未確認フェスティバル2018」というイベントに「XFLAG SOUND CREATORS」として参加してきました。
本レポートでは、写真とともに当日の様子をお伝えできればと思います。

「未確認フェスティバル2018」とは

エフエム東京のラジオ番組『SCHOOL OF LOCK!』とレコチョクが運営するWebサービス『Eggs』がタッグを組んで送る、10代アーティストのための参加型音楽フェスティバル。

https://www.tfm.co.jp/lock/mikakunin/

XFLAG SOUND CREATORS」とは

XFLAGのサウンド関連業務に従事するメンバーが所属する集団。
私のような「サウンドプランナー」の他に、楽曲を制作する「サウンドクリエイター 」や渉外業務を担う「サウンドディレクター」が存在。

コンテンツ①「サウンドクリエイター」と一緒に楽曲制作を体験!

【目的】
「サウンドクリエイター」が普段どのように楽曲制作を行っているのかを発信する事。

【概要】
「サウンドクリエイター」の制作環境をイベント会場に再現。
その上で「サウンドクリエイター」と来場者の方が同じ席に座り、楽曲制作を一緒に行う、というコーナーを設置。

【体験内容】
・映像に対してSEをつけてみよう
・特定のメロディーに対して様々なビートを組み合わせてみよう
・ドラム、ベース、ギターを自由に組み合わせてみよう
・ギターやキーボードを演奏して、レコーディングをしてみよう

【題材】
各「サウンドクリエイター」が制作を担当した案件を題材として扱いました。
一例ですが、「モンスターストライク 超獣神祭PV」「Burner Brothers」「アニメモンスターストライク 弥勒(ミロク)PV」などです。「サウンドクリエイター」から来場者の方に対してよりリアリティを持って語りかけたい、という思いがありました。

report_sound_01.jpg

(特定のメロディーに対して様々なビートを組み合わせ、その差分を観察している様子)

report_sound_02.jpg

(映像に対して様々なSEを自由に貼り付け、どのような変化が起きるのかを観察している様子)

report_sound_03.jpg

(ギターを演奏し、レコーディングを行っている様子)

コンテンツ② 楽曲制作に関する特別講義!

【目的】
XFLAGにはどのような「サウンドクリエイター」が在籍しているのかを発信する事。

【概要】
「サウンドクリエイター」が順番に登壇し、1コマ10分の講義を実施。

report_sound_04.jpg

【講義名】
デジタルミュージックだけじゃない!ロックサウンドもPCで作ってみよう!

【内容】
楽器が演奏できなくても、バンド仲間が身近にいなくても、ロックサウンドを創造する事ができるのだ、というメッセージを掲げた高津戸 勇紀。
ロックサウンドを「ドラム」「ベース」「ギター」というパートに分解し、それぞれのパートの作り方(MIDIデータの打ち込み方)を解説。題材は「Burner Brothers」。

report_sound_05.jpg

【講義名】
「レとラを抜いて 琉球風!」音の並び方を変えて世界一周旅行へ!!

【内容】
音楽をより身近に感じて欲しい、作曲という行為の敷居を下げたい、という思いから、「和風」「琉球風」「アラビア風」などの音楽の違いをスケールという視点から解説するたくみん。難しい言葉は一切使わずに、ピアノの音を実際に鳴らしながら丁寧に解説。

report_sound_06.jpg

【講義名】
SEは必要不可欠な調味料!映像に対する音付けについて解説!

【内容】
「BGM」だけではなく「SE」にも注目して欲しい、「SE」の効果効能を実際に感じ取って欲しい、という思いから、映像に対するSEの音付けを実演するけんちゃろんとやっちん。題材は「モンスターストライク 超獣神祭PV」。

イベントを終えて

「XFLAG SOUND CREATORS」は「スマートフォンアプリ」だけではなく、「店舗」「イベント」「動画」「アニメ」など、様々なコンテンツに合わせた楽曲制作を行っています。
今回の取り組みを通じて、世の中の「サウンドクリエイター 」の皆様から「XFLAG SOUND CREATORS」に対して、もっと興味・関心を持ってもらえたらよいなと考えています。

「XFLAG SOUND CREATORS」は今後も積極的に世の中に働きかけていきたいと考えています。下記はその一例です。
・YouTube Channelを通じた技術情報の発信(※1)
・音楽系の大学・専門学校との交流
・音楽系の機材メーカーとの共同コンテストの開催

本日は以上となります。

XFLAGの各事業に対してサウンド領域からコミットする集団「XFLAG SOUND CREATORS」のご紹介でした!


(※1)8月24日から「XFLAG SOUND CREATORS」というYouTube Channelを開設しました。
    https://www.youtube.com/channel/UC3-p4V-7mFpHGmCy1ac51aA

毎週金曜日に動画を配信します。
第1期は 8/24 (金) から12/7(金)迄となっており、合計7名のクリエイターが登場予定となっています。

<第1期で扱う内容(予定)>
・スケールやオーケストレーションに関する理論
・SEの制作方法などMA関連の技術
・各種Plug-inを活用したDTMに関するテクニック
・作詞のノウハウ

この記事をシェアする